スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構築記事書いてみたかっただけ【クロックアップメタルヘラゲロゲ】シーズン15

トレーナーカードs15


特に高レートを達成したわけではないけど、前々からいろんな人の構築記事を見てやってみたかったらと言う理由と、バイトが暇過ぎて仕方ない(バイト中に下書きしてました)と言う理由で今回構築記事を書いてみようと思います。

ちなみにレートですが、
最高レート1650ぐらい
最終レート1543
なので本当に大した事は無いです。


まず、自身の使うポケモンのポリシーとして
・特別好きでもない厨ポケを使わない
・対戦相手がマッチングして楽しいと思えるようなポケモン、PTを組む
・可能な限り使ったことのあるポケモンを使わない
が自身のポリシー。よくPT考えてる時にミトム入れりゃよくね?ってなるけど、あいつは好きじゃないので使いません。

・今回の大まかなPT採用理由の流れ
ガマゲロゲが面白そうで使ってみたかったので採用

そしてゲロゲと相性とタイプ相性的にそこそこ噛み合っていて、まだ使って無かったメガ枠:ヘラ

ヘラで上からぶん殴ってたら強いでしょ

じゃあ追い風するしかないわ!

みたいな感じでクロックアップヘラに決まりました。

以下メンバー紹介

ガマゲロゲbw
ガマゲロゲ@オボン 控えめh84b4d12C252s156 H8n-1 B<D ランク-1最速ガブ抜き

ハイドロポンプ・大地の力・凍える風・ヘドロウェーブ
興味があったので採用。
ガマゲロゲは水と電気の2タイプが無効、そこそこの耐久と素早さを活かして毒守が多いようだが、毒守は使ってて正直面白くないので普通にアタッカーとして採用。
主にドロポンをぶっぱしていた。挑発をしてくるアローが無惨にも亡くなっていく場面が多々あった。
水・電気・炎を完封できる場面が結構あったので割と刺さっていると感じる。
こいつは水タイプのくせに冷Bを覚えないので仕方なく凍風を採用したが、火力不足で非常に困った。冷Bを覚えたら割とマジで強いと思う。

メガヘラ
ヘラクロス@メガ石 意地っ張りAS
インファイト・ロックブラスト・タネマシンガン・ミサイル針
今回のメガ枠。
おばあちゃんは言っていた。重火力アタッカーが上をとるこは制圧力が桁違いだってな。
堂々の選出率1位。多分9割を余裕で越えていたと思う。
ヘラ=HAベースのイメージが多いらしく、突っ張ってくる相手を上からぶん殴って突破していた。悠長に胞子を蒔いてきたのであろうガッサを消し飛ばしまくった。
耐久が足りない場面もそこそこあったが、準速のメリットの方が多かったのではないだろうか。
ステロ追い風下でガルガブゲッコウなんかを3タテした試合も少なくなかった。
アローがきつい点以外は、ステロ込みでガブやクレセを飛ばせるので追い風にかなりマッチしていると感じた。

エアームド水晶
エアームド@イバン 陽気AS
ブレイブバード・追い風・ステロ・挑発
地雷枠。
ステロと追い風を両立できる数少ないポケモンで、かつ襷に頼らなくても良いということで採用。
一見物理受けに見えるため、引いてくる物理アタッカーは多かった。
だいたいステロ→追い風(→ブレバ)で退場してヘラにつないで制圧するという流れ。
A振りとイバンのおかげで辛い相手に強引に繰り出し頑丈を発動させて、ブレバで削ると言う場面も。メガバシャ程度なら確1。
Bは無振りながら優秀だが、Dが中途半端で無振りメガゲンのシャドボだとイバン圏外で耐えるので、無邪気で作るのもありだと思った。
あと、頑丈を削りたくないが攻撃したい場面がそこそこあったので、無反動の技や、下からの挑発になりがちなので吹き飛ばしが欲しいと感じたことがあった。

バクフーン水晶
バクフーン@チョッキ せっかちCS
大文字・気合玉・めざ氷・岩石封じ
相棒枠。
相棒として様々なバクフーンを使ってきたが今回はチョッキでを採用。
ゲンガーガルドのゴースト相手やリザYガモスなどへの後だしが安定したので割とチョッキもありだと思った。
でも正直サイクルを回すPTでは無かったのでメガネとかで良かった感はある。
岩石封じより岩雪崩で良かったかも。

ブラッキー水晶
ブラッキー@ゴツメ 図太いHB
イカサマ・守る・どくどく・願い事
物理受け。
願い事でヘラを回復させられたらいいんじゃね?と思って採用。
馬車が非常に辛いPTにもかかわらず、物理受けを格闘抜群のこいつに任すのは正直厳しかった。
今世代で重要な悪タイプで有りながらゲンガーに競り負けるのも痛い。
正直かなり活躍の機会はあったので、組み込むPTが間違っていたと思う。
願い事はかなり面白い技で、削れたヘラを回復させたり、ムドーの頑丈を復活させたりと面白い動きが出来、次回のPTにも組み込みたいギミックだと思った。

ラティアスem
ラティアス@ハバン 臆病hbS
流星群・サイコキネシス・電磁波・癒しの願い
対馬車。
PTを組んだ当初はデンチュラを使っていたが、馬車が重過ぎてラティアスを厳選し使用。U2~3VVUVという結構良個体。
物理受けにブラッキーを採用していたために格闘に強くそこそこSと耐久があるということで採用。
本来波乗りを採用してドランに強くするらしいのだが、サイキネじゃないと馬車を確定でもって行けないので採用した。適当にサイクルに組み込んで麻痺を撒いてヘラを復活させるのが仕事。こいつの採用によりゲンガー・ガルド・ドランがより重くなったと言わざるえない。

試行錯誤したメンツ

デンチュラ@襷 臆病CS
雷・電磁波・めざ氷・ねばねばネット
Sサポート。
PTを組んだ当初では追い風でS操作するパターンとねばねばネットでS操作するパターンを考えていて、ねばねばネットを撒けて電磁波も覚えるデンチュラを採用していた。
しかし、マンダやゲンガーがネットに引っかからず辛いと感じたためにラティアスと交代した。
ルカリオ軸には割と刺さっていたと感じたことが多かったので、別のPTで是非使っていきたいと思う。

トゲキッス@ゴツメ 図太いHB
エアスラッシュ・電磁波・羽休め・アンコール
物理受け。
シーズン終盤にブラッキーと交代した格闘タイプ意識の物理受け。
今シーズンはヘラのおかげかガルモンゲーになることがあまりなく、耐久を落としても大丈夫と感じたのでブラッキーと交代。馬車は比較的に楽になったと思う。
S操作のための電磁波とメインウェポンの怯みエアスラ、回復ソースの羽休めは決定として、ラスト1枠を考えた時に卵技で残っていたアンコールをそのまま採用した。
割と瞑想スイクンやみがまもドランにアンコールが刺さったりしたので、なんとなくアンコールを採用したが間違って無かったと思った。

ワルビアル@スカーフ 意地っ張りh36A252b4D36S180 H16n-1 S最速130族抜き抜き あまりD.b
地震・噛み砕く・ストーンエッジ・馬鹿力
悪タイプ枠。
物理受けをブラッキーからキッスに変更したことからゴースト、特にゲンガーが気になったので採用。
こいつはシーズン14で育成したのだが、なぜか14期は異常なまでに運が悪くて、ヤーティを使うようになってほとんど出番が無かったために再び組み込んでみた。
一貫性の高い悪技を上から放て、威嚇のおかげでクッションの役割も果たせたの使い勝手は悪くなかったと思う。

総評
15pt.jpg
15pt2.jpg
15pt3.jpg
PTを変えていったが、一番レートが良かったのは2番目ラティアス採用時だった。
ギルガルドやクチートの鋼や、ニンフやサナといった特殊フェアリー、馬車アローといった超高速炎が非常に辛かったと言わざるえない。
また全体的にSが遅く、かつ先制技持ちが誰もいないことは勝ちを伸ばせなかった原因だと思う。
追い風クロックアップヘラの強さは半端ではなく、割と簡単にできて非常に楽しかった。
追い風役をアローやラティアスに変えたり、ドランやマリを組み込んでみればかなり強いと思うので、是非高レートをめざす人に追い風ヘラを使ってレートを伸ばして欲しいなぁと思う。自分はやらないけど。
シーズン15で当たった人達もこのPTを楽しんでくれていたら嬉しいと思う。

ここまで読んでいただきありがとうございました
スポンサーサイト
プロフィール

Yashiki

Author:Yashiki
Twitter:blackcat0330

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。